« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

SMの凄さ!

トリノでのオリンピック、日本人は寝不足続きで大変。日本は唯一のメダル。でも、それは金・・・荒川静香さんおめでとう!やった~!という感じです。私もよく寝不足で応援していましたが、その日はなんと見れませんでした(涙)
凄い快挙ですね。素晴らしかったです。技術力と演技力も彼女の実力ですが、今回まさしく荒川静香さんは「 SM 」がマッチしたものだと私は思いました。

よく解説者が「無難にミスのない構成でした」と言っていましたが、観客を味方につけた事が勝因でしょう!
それは「 SM 」です。「S」は「Show」、「M」は「Music」。いい音楽を使いショウを演出する。そして観客に感動を与える。
音楽はプッチーニの歌劇、「トゥーランドット」。中国を舞台にした話で、美しいトゥーランドット姫に求婚するには3つの謎を解かねばならない。最後に姫の愛を勝ち取り高らかに歌い上げる。・・ってのがストーリー。
いい音楽です。まさしく勝利を勝ち取り、みんな感動して演技に酔う。・・ってイメージの曲でしたね。良かった、おめでとう!

最後に関係ない話で、個人的に・・
もし、村主章枝さんと仲が良くてお互いに支え合っていたら・・もっと感動していましたね。
同じ学校で苦労したんでしょ?都の西北の絆は強いはずなのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

五行説

前回にオリンピック五輪のマークの話を書いた時に「五行説に通じるものがありますね」とコメントを頂きました。ですので今回はちょっとそれについて書いてみます。

五行説とは中国古代思想で空間や時間を表わす概念です。それは陰陽説から生じたものとされています。陰陽説は能動・攻撃的なものを「陽」、受動・防衛的なものを「陰」とし、陰と陽が対立し、またお互いに消長をくりかえして世界があると言う原理です。

五行説では、天地万物の姿を考えます。例えば色は五色。味は五味。感覚は五感。臓器は五臓。また方角は東、南、西、北に中央を入れて五方。季節は春、夏、秋、冬に土用を入れて五時など五行で現わされています。

私が思ったのは人は最初、何でも五本の指で数えますよね。足りなければもう片方の手で・・そして両手を使って十、それが現代の十進法ですね。その説から関係したのか、わかりませんが面白いと思います。

あの~うんちくヤロウ!と思われたくないので・・最後に一言!
まあ、藤本純一の五行は五食(寿司、刺身、焼肉、しゃぶしゃぶ、焼き鳥)です(笑)失礼しました。

Contrail

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

五輪のマーク

近代オリンピックのシンボルでもある五輪のマークはどんな意味?
一般的によく知られているのは五つの輪は世界5大陸(ヨーロッパ・アジア・アフリカ・オセアニア・アメリカ)ですよね。
でもそれ以外に五色の意味は五つの自然現象(火の赤・水の青・木の緑・土の黒・砂の黄色)なんです。
さらにオリンピックはスポーツの祭典であるようにスポーツの5大鉄則(情熱・水分・体力・技術・栄養)を意味します。
そのようにシンボルマークは原色5色(および単色でも可)と5つの重なり合う輪で表現したものであります。

また、大事なのは5つの重なり合う輪は平和への発展を願ったものでもあるそうです。
スポーツの祭典であるのに国どうし政治的な問題によってオリンピックを目標にしていた選手が出れない事がありました。二度の世界大戦による中断や1980年モスクワ大会では冷戦下でのアフガニスタン戦争に伴う東西のボイコット合戦などです。また最近スピルバーグの最新作『ミュンヘン』で取り上げられているように1972年ミュンヘン大会における悲しいテロ事件。あってはならない事が起こってしまいました。

尊敬するジョンレノンの歌詞のように人間一人一人が平和を願いそれをイメージすれば地球から戦争は消え去る。
どうかそうあって欲しいものです。

Candle

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

オリンピック

トリノでは現在、激戦が繰り広げられています。
毎晩寝不足の人多いのではないですか?
日本の選手がいつメダルをとれるか?
なーんて応援していると朝になってしまいますね~

近代オリンピックの提唱者クーベルタン男爵の名言。
「オリンピックは勝利することよりも参加することに意義がある。」
とは言うものの・・・でも頑張って欲しいです!!
選手はアクシデントを避けれる。大舞台でも普段の実力を出せる。
そのような選手が勝つんですよね。偉大な選手とは
「勝つ事は当然と言われたプレッシャーの中でよく勝ちました」
・・・などとよく言われます。

日本の選手はあともう少し頑張って欲しいです。

Mc_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

悩みが解決!!

タイトルはすごいが・・・なんの事はない。
毎年同じ時期の悩み、確定申告を今日出しました。
あ~っ!すっきり!!

それとチョコ食べ過ぎでしょ?・・・と心配してくれていますが・・・
なんの、なんの。その心配まったくいらないですね~(笑)

ではチョコの話変わって、先日素敵なお店に行きました。
なんと炭火焼き肉とお魚があって雰囲気がいいんです。
三軒茶屋の細い路地を入ったとこにあります。
「隠や」

お忍びのカップルにはお勧めですね~~

Sashimi3_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

☆ヴァレンタイン~

今日はヴァレンタインですね!
チョコレート幾つぐらいあげますか?
義理でもいいので受け付けしています。

みなさんにとって素敵な一日でありますように・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

緑の安らぎ

子供の頃は野菜が嫌いだったのに、最近はちゃんと野菜も食べてます。この冬はお鍋に水菜を入れたり、網でアスパラ焼いたり。いろんな味を楽しみました。 さっと煮ただけ、ちょっと焼いただけ、あとは少量の塩や醤油でシンプルに味付けするのが野菜の旨みがわかっておいしいです。

緑のものにはビタミンがたっぷりなんだよって、小さい頃母から食べさせられたけど、こっそり残したりしてました。母は私の体を思って言ってくれてたのに・・・と大人になった今、申し訳なく思っています。

そう!私の仕事って、女性に緑の安らぎをわけてあげられればいいな~と思いました。
これからも毎日もりもり野菜を食べて頑張ります!
あっ、野菜も食べて・・・

Leaves

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

ライブハウス!

久しぶりにライブハウスに行きました。目黒にある「Blues Alley Japan」です。その日の演奏は日本でも優秀なピアニスト二人によるデュオだったんです。二台のピアノの演奏にゲストの女性ヴォーカルが加わって、素敵でかつ楽しいステージでした。

ライブハウスと言うと暗くて、ちょっと汚いイメージがありますが、そのお店はとても綺麗。またドリンクも一流レストラン並みに用意されていて食事のメニューも豊富でした。美味しい分、普通のライブハウスよりは値段が高いですが。ライブハウスでのデートにはお勧めですよ。

「Blues Alley Japan」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

温泉行きたいな~~

冬はやっぱり温泉でしょ?それも寒い中の露天風呂がいいですね~もちろん体も温まるけど、何と言っても肌に優しいですよね。ここ2年の冬は異常な乾燥で辛いから。

温泉出たら、当然ビール。その後熱燗か焼酎、まあ銘柄はあえて言いませんが・・・そしてお刺身、出来れば舟盛り!なーんて。

2日前の話ですが・・・そんな事を考えていたら、お刺身食べたくなって買いに行きました。舟盛りには出来ないけど自分で盛り付けました。意外に綺麗でしょ?・・へへ

Sashimi

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

明けの明星に魅せられて

今朝早く、窓の外には美しい朝焼けの空が広がっていました。その中にキラっと輝く星が一つ。金星です!
写真の中ほどの白い点がそれです。写真では輝きをお見せできないのが残念・・・輝く星を見上げると、感動しますね。
金星は地球から見ると太陽から大きく離れないため、日の入り前 (明けの明星)、日の入り後 (宵の明星) の少しの間見ることができます。10月の始めまでは明けの明星です。
立春も過ぎ、だんだんと暖かくなってきますから、寒くても頑張って早起きしてみてください。早起きは三文の徳ですよ!

Myojo_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

昨日は節分・・・

なんと過ぎてしまえば節分だった~!段々と年間行事に程遠くなってしまって寂しいです。自分の頭に豆でもぶつけたいな~(笑)

えーっと次は・・お雛様?あっ!その後に確定申告(><)みなさん申告準備していますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

コメントありがとう!

コメントたくさんもらって、すみません。なかなか返信出来なかったのですが、すべての方に返信させてもらいました。それぞれの記事に書いてありますので、読んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »